プロフィール

おとさん

Author:おとさん
このブログを始めた人
年齢:行方不明
永遠のテーマ:自分探し
叶わぬ夢:人生のやり直し
趣味:好きなものにのみ没頭する
弱点:自制心の無さ

くり
KURIPF2
ユズ
YUZUPF2
レン
レン
つな
つな
ルー
ルーちゃん
ハー
ハー
ノン
ノン
めぇーさん
めぇーさん
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村  

心を捨てるに等しく


のんたろうはあだ名です

にゃんこチーム

本名はあくまでノン

何故なら我が家は字画に拘るから(笑)

気にしなければどうでもいい事だけど

産んだ訳じゃないわが子に唯一最初のプレゼント


幸せになっておくれよ・・・



最近・・・仕事場の近所のコンビニの駐車場で猫をみた

一匹でゴミ箱の横にちょこんと丸くなっていた


人の顔を見てはウロウロしたり


私とめぇーさんが近づくと座り込んだままで泣き出した


そう

鳴き出す、ではなく泣き出す


何故かそう聞こえてしまう自分たちが情けない


ダッテナニモシテヤレナインダロ


多分成猫の男の子


しゃがみこんだら擦り寄って来て人間に甘える甘え方をちゃんと知ってる


撫でてやった背中は骨が当たる痩せ方


この子は人間にご飯を貰う事しか知らない子に思えた


『捨てられたな』


頭をよぎる虚しい答えはきっと合っている



その日翌日の天気予報は雪だった


思わずコンビニで猫缶を買って駐車場の隅であげたら

ものすごい勢いでがっついて2つぺろりと食べそうだった


夢中になって食べている間にその場を走り去った私たち



ごめんね何にもしてやれなくて



今日もあの子はきっとあの駐車場にいる



でももう行けない



卑怯者でごめんね






捨てたあなたに伝えたい


彼があそこでどうやって暮らしているか


どれほど人の愛情を求めているか




ほ乳類と鳥類には人間と同じ感情がある

これは生物学的に証明されているのです



間違いなく彼は不安で押しつぶされそうになりながら


一期一会の出会いの中で生きています


心ある人に癒され

心ない人に傷つけられ


いつか消えて行く




今、分かっていて救えない自分が一番憎いのかも知れません







スポンサーサイト
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村  

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
FC2カウンター
いつでも里親募集中
管理人only
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。